起業するときに印鑑を

人生において起業することが出来る人間は多いものの、成功するのは一握り。
そんな成功者が決まっていうのは「印鑑」の重要さ。
便利な印鑑に関するノウハウをしっかり把握しておくことも起業家やビジネスマンの一員になる準備に大切なことです。
ここでは印鑑の役割や、起業する際に必要な印鑑の種類、その他にも危険を避ける対策など、起業に必要な様々なマナーを紹介します。
「印鑑なんて名前が解れば問題ない」と捉える方も多いのですが、以外に知らないと損をする例も存在するので注意して用意する必要があるでしょう。


日本の重要な手続きや契約には必ず押印や捺印が必要になります。
日本は印鑑社会で、自筆のサインよりも登録している印鑑のほうが法的に効力があります。
なぜなら指紋同様、字体や仕様が変わることが無いからです。
自筆は体調や手の不自由さの度合い(病気や障害など)で本人でも異なる字を書く可能性があり信用性に欠けますが、押印して照合すれば本人のものか異なるものか見分けることが出来ます。


起業すると考えた時に浮かび上がってくることは「会社を構える」「人員を確保する」「融資をしてくれる銀行を探す」などビジネス的な要素に気が回りがちですが、しっかりした印鑑を揃えることも視野に入れておくべき要項です。
印鑑は会社の長としての印として、また会社の顔として必要になるものの一つ。
一般常識として、必要最低限のマナーとして印鑑の知識を学んでおきましょう

Copyright © 2014 起業と印鑑 All Rights Reserved.